横浜市のゆるキャラについて

横浜市には18の全区にゆるキャラがあります。

鶴見区は「ワッくん」で、オスのワニです。

神奈川区は「かめ太郎」で、区内の浦島太郎の伝説にちなんでいます。

西区は「にしまろちゃん」で、区花のスイセンをモチーフにしています。

横浜港のある中区はカモメの「スウィンギー」です。

南区は「みなっち」で、区花のサクラをイメージしています。

港南区は区花のヒマワリをデザインした「こう・なん・くぅ」です。

保土ヶ谷区は区鳥のカルガモをモチーフにした「かるがも隊」です。

旭区は明るい太陽をモチーフにした「あさひくん」です。

磯子区は「いそっぴ」で、ISOGOのアルファベットをモチーフにしています。

金沢区の「ぼたんちゃん」は、区花のボタンをイメージしています。

港北区は区木ハナミズキをモチーフにした「ミズキー」です。

緑区は緑の葉をモチーフにした「ミドリン」です。

青葉区は区花のナシをモチーフにした「なしかちゃん」です。

都筑区は「つづき あい」で、「人と人との出会い、支え合い、分かち合い」の3つの「あい」をイメージしています。

戸塚区は「ウナシー」で、牛をモチーフにしています。

栄区は「タッチーくん」で、区のシンボルである「いたち川」のイメージです。

泉区は「いっずん」で、頭は水、顔と足は緑、体は区花アヤメをモチーフにしています。

瀬谷区は、区の形に似ているコノハズクをモチーフにしています。